501® ORIGINAL
HISTORY OF 501® JEANS
MOVIE

THE 501® JEAN:
A CULTURAL TIMELINE
  • PIONEERS OF THE WEST
    (1890-1945)
    501®ジーンズは、西で力強く働く男達、鉱山労働者や、カウボーイ、農業者に向けてつくられた。カウガール達は、農場で働く頑丈な服が必要なとき、彼女達の夫や兄弟の501®を穿いていた。

  • REBELS, ON & OFF SCREEN
    (1945-1965)
    50年代、501®は反逆を表現する若者にとってのユニフォームとなった。機械工やバイカーギャング達が好んで穿き、そんな彼らの姿は物議を醸し、一部の学校ではジーンズの着用が禁止された。一方でそのスタイルはたちまち広がり、マリリン・モンローをはじめとしたハリウッドのスター達が501®を穿く姿が、いつしか女性の美しさや力強さを表現するシンボルとなった。

  • 1953年: 映画「THE WILD ONE」で501® を着用したマーロン・ブランドのバイカースタイル

右/1953年: 映画「THE WILD ONE」で501® を着用したマーロン・ブランドのバイカースタイル

  • LOVERS & FIGHTERS
    (1965-1985)
    501®が与えたその反逆的な印象は、モッズ、ヒッピーやロッカー達が台頭した1960年代から1970年代にかけてのカウンターカルチャーにも大きな影響を与えた。パッチを縫い付けたり、ペンキを塗ったり、切ったり、破いたり、 - そうすることで穿く人それぞれにとって、自身を表現すためのキャンバスとなった。

  • TRANSFORMERS
    (1985+)
    スリムストレートがスタイルだった80年代、オーバーサイズで履きこなす90年代のHIP HOPスタイル、そして今日の501®CT。501®は時間と共に進化を続け、アイコンとしての地位を築いてきた。そしてその存在は、これからもずっと変わらない。

HOW WILL YOU WEAR THEM ?あなたはどうやって履く?