1944'sの商品一覧

1944 S501® XX 1944 MODEL アイテムを見る

第二次世界大戦中はあらゆるディテールの変更があった。これは、戦時下の資材節約のために、アメリカ政府がすべての衣料品メーカーに一定量の金属、布地、糸を取り除き、商品を簡素化することを要請したため。
リーバイス®もこれに協力し、ウォッチポケットのリベット、クロッチ リベット、シンチ、シンチまわりのふたつのリベットを省き、布地と金属の両方を節約。ボタンも、戦時中の供給が不安定だったため、月桂樹ボタンやブランド名が刻印されたもの、無地ボタンなど、様々な種類のボタンが使用された。
アーキュエットステッチも、削除せよとの指示が政府から来たが、アーキュエットステッチこそが伝統ある501®を形作る最も重要な要素であったため、リーバイス®はその要請を断固拒否。この必要不可欠なデザインを残すため、リーバイス®は工場から市場に送り出されるすべての501®にステッチにかわりペイントする方法を考案。ペンキは洗濯によって徐々に消えてしまうが、購入の際にステッチが確認できることが重要だったため、ペイントを施し販売を行った。
生地には、コーンミルズ社製のレッドセルベッジ デニムを使用フィットは、ハイウェストなレギュラーフィット。
※一部商品により、ファブリック・仕様が異なる場合があります。

DETAILS
  • PATCH
    ツーホースレザーパッチ

  • POCKET
    ペイントのアーキュエイトステッチ

  • RED TAB
    "E" レッドタブ

  • RIVET
    打ち抜きリベット

  • FRONT BUTTON
    月桂樹型ボタン

  • BUTTON FLY
    ボタンフライ

  • SELVAGE
    コーンミルズ社製レッドセルビッジ

  • SLEEK
    大戦モデルのポケットスレキには
    多くのバリエーションが存在する

2件中 1~2件表示
2件中 1~2件表示
2件中 1~2件表示

詳細検索

カテゴリから選ぶ

アイテムから選ぶ

価格帯から選ぶ

カラーから選ぶ